今治市で焼肉は焼肉神戸

  • 0898-24-1363
  • OPEN 17:30-22:30 ( L.O 22:00 )
  • 定休日 月曜日

ブログ

こだわりの本物のステーキつづき

こんにちは!
やきにく神戸の曽川です(#^.^#)

 

次回の11月のプレミアムメンバー限定!
ハガキクーポンですが、

 

「こだわりの本物のステーキ」にしました!

 

こだわりの本物というからには、
食材選び、焼き上げる工程など
全てにおいてこだわっていきたいと思っています!

 

で、昨日のメールのつづきです!

焼き上げるまでに約90分!

 

なんでそんなにかかるの??
って思いますよね~(^。^)

 

最初は私もそう思っていました(#^.^#)
よく見かけるアウトドアでのバーベキューのように
「ステーキなんてちょいちょいと焼けばそれでいいんじゃないの?」
なんて、恥ずかしながら簡単に思っていました(@_@)

 

でも、いろいろ調べていくうちに

 

 

「肉を焼く!」

 

 

ってめちゃめちゃ奥深い事が解ってきました!

 

まず最初に、お肉を焼く前の準備から始めます!

 

 

やきにく神戸では、普段お肉は業務用のでっかい冷蔵庫で保存してます。
この冷蔵庫、お肉の劣化を防ぐために低温に設定しています!
お肉が凍る直前の 0℃に設定してお肉を仮死状態にしています!
そうすることで雑菌の繁殖を防ぎお肉を長持ちさせるんですね(#^.^#)

 

でも、このまますぐに焼いてしまうと美味しく焼けません!
焼肉で提供する大きさや、厚さだと問題ありませんが、

 

何しろ今回は「ステーキ」ですから!

 

肉の厚みは3センチ!!
サーロイン1枚だと、よこ幅約20センチ×たて幅10センチもあります!
けっこう、でかくて分厚いです(^-^)

 

このステーキ肉を20℃近くまで戻してあげる必要があります!
熱伝導率のイイ、アルミ製のトレイに入れて
じっくり待つこと1時間(@_@)

お肉が20℃近くまで戻ってきたら周りについている
余分な脂身やスジを取り除き、肉の表と裏面に塩を軽くふります。

 

その塩が、お肉の水分を吸いだしゆっくりと浸透していきます!
塩の粒がしっかりなじんで見えなくなったら準備完了です!

 

どうですか?ここまでの下準備に約70分くらいかかります(^-^)
真剣にお肉と向き合い、変化を見逃さないよう注意して
美味しく焼き上げるには、けっこう大変でしょ?

 

やっと下準備が終わり、
さあ!焼いていきます!

 

使用するフライパンにもこだわりました!!
分厚く、重い「南部鉄製のフライパン」を新調しましたよ(^-^)
なんで?わざわざこんな重くて使いにくいフライパンを選んだかというと

 

「蓄熱力」が良いからなんです(^-^)

 

たとえば、ご家庭によくあるテフロン加工がされたうす~いフライパンだと
蓄熱力が低く、お肉をのせた瞬間にフライパンの温度が下がります。
また、火加減の影響を受けやすく、火加減の調整がシビアになっちゃうんですね。
でも、分厚くて重い南部鉄のフライパンは、温度変化が少なく、
一定の温度で、しっかり焼き上げることができるんですよ~ヽ(^o^)丿

 

お肉の表面をしっかり加熱して、肉汁を中に閉じ込め
しっとりやわらか~いステーキを焼き上げたいと思います!
大体、焼きあがるまで10分前後かかるでしょうか!

 

その後、お肉の中で充満している肉汁を落ち着かせるために
10分程アルミホイルで保温しながらお肉を休ませ
カットしたら、やっとあなたのテーブルにお運び出来ます!(^^)!

 

ここまで約90分!!かかりますね~(^-^)
でも、やるからには本気で!
おいしいステーキをお出ししたいので!
頑張ります!

 

ただ、一つだけ問題があります(>_<)
その問題とは???

 

だいぶん長くなったので今日はこのへんで(^。^)
続きは明日!

 

今日も快晴ですねヽ(^o^)丿
昨日は満席ありがとうございました!
今日もはりきっていきますヽ(^o^)丿

 

では、また!